LINK
基本的に、一般の人が破産を申告するまでの間では負債のある人への電話によった取り立てと負債のある人の家宅への訪問によった取り立ては法律違反ではないということになっています。とくに、破産に関する事務手続きに進んだあと請求までに時間が費やされてしまったケースでは債権人は無作法な回収をやってくる割合が増加します。債権保有人サイドにとっては借金の返金もしないでさらに自己破産といった対処もしないといった状況であると企業の中で終了処理を行うことが不可能になるからです。そして、債権保持者の過激派は有資格者に連絡していないと知ったなら非常に強硬な回収行為を繰り返してくる債権人も出てきています。司法書士の方および弁護士法人に相談した場合、各債権保持者は負債者に関する直接徴集をすることができなくなります。相談を受け取った司法書士の担当者あるいは弁護士の人は要請を担当すると書かれた文書を各債権者に送り各取り立て企業がその郵便をもらった時点から債務者は債権者による強行な徴集から放たれるということになります。付け加えると、取り立て屋が勤務地や父母宅へ訪問する返済要求は法律のルールで許されていません。貸金業で登録が確認できる会社ならば職場や本籍地へ訪れる取り立てが貸金業法に違反しているのを理解しているので、違反だと言えば法外な取り立てを続けることはないと考えられます。自己破産の申請後は、破産者に対する返済請求を含めて、ありとあらゆる収金行為は認められなくなりますので徴集行動がすべて音沙汰なくなるということです。とはいえ、たまにそれを知っていて接触してくる取り立て業者も存在していないとは断定できません。貸金業として登録されている会社ならば破産の申し立て後の取り立てが貸金業法規制法のガイドルールに抵触するのを理解しているので、その旨を伝達すれば、そういった取り立てを継続することはないと思います。とはいえ、闇金と言われている取り立て業者についての場合は予測外で返済要求などによる被害事例が増え続けているという現実があります。法外金融が取り立て企業の中にいそうなときはどんな場合であれ弁護士の会および司法書士事務所などの専門者に連絡するのがいいと思います。