LINK
個人が破産を申し立てるまでの間では借金のある当事者に対して電話によった借金徴収と、本人の住居への直接訪問での徴収は違法にはならないと考えられます。さらに、自己破産申請の事務手続きに入ったあと申し立てまでに手数が費やされた際には債権人は強引な取り立てを行う可能性が上がります。債権保有人側にとっては借金の返金もされずにかつ破産といった法律上の対応もしないという状態であると組織内での終了処理を実行することができないからです。それだけでなく債権保持者の中では専門家に助力を求めていないと知ったならけっこう強硬な取り立て行為を繰り返す債権人も存在します。司法書士の人あるいは弁護士法人に助力を求めた場合、各々の債権保持人は本人に対しての直接徴集を続行することが不可能になります。依頼を伝えられた司法書士それか弁護士の担当者は任されたと記した書類を各権利者に送付することとなり各取り立て業者がその文書を確認したときから依頼者は取立人による危険な徴集から逃れられるわけです。なお、取り立て企業が勤務地や故郷へ訪問しての取り立ては貸金に関する法律のガイドラインによって禁止事項になっています。貸金業として登録済みの会社であれば実家へ訪れる返済要求は貸金業法に違反しているのを知っているので、違反であると言ってしまえば、そういう類の返済要求を継続することはないと言えます。破産の申請の後は申立人に向けての徴集を入れありとあらゆる返済要求行為は禁止されていますので返済請求は完全に消滅するわけです。けれども、ごく一部にはそれを分かっているのに接してくる取立人もいないとはいえません。金貸しとして登録されている会社ならば破産の手続きの後の徴集行為が貸金に関する法律のガイドラインに反しているのを認知しているので、違法だと言ってしまえば、徴集をし続けることはないと思います。とはいえども法外金融という通称の登録していない取り立て業者に関してはこの限りとはならず、法外な返済請求による事件が無くならないのが今現在の状況です。違法金融が取り立て屋の中に存在するときは絶対に弁護士の会および司法書士グループなどの専門屋に助けを求めるようにするといいです。