LINK
自己破産申立てを実行しても司法機関から家族や親類に直に連絡がいくといったことは考えられません。よって家庭にはばれずに破産の申立てが不可能とは申しません。ただし現実問題として、自己破産を申し込む際に裁判所などから同居している親類の収入を記載した書類や銀行の通帳の複写物等の資料の提出を余儀なくされるということがありますし借入先から親族へ書類が送られることもあり得ますから、家族に知られてしまわないように自己破産の手続きがすることが可能だという確証は望むべきではないといえるのです。敢えて隠してそれ以降に露見してしまうよりかは恥を忍んで本当のことを話して家庭の方々全員が一丸となって自己破産というものをしていく方が安全でしょう。しかし異なった場所に住む家族の方が、自己破産申請をしたのが知られてしまうなどということはほとんど心配する必要はないと理解してください。妻(夫)の賠償義務を滅することを念頭に別れることを検討する早まったカップルもいらっしゃるようですが、そもそも婚姻関係を結んだ夫婦だと書類で認められている場合でも法的には自分が連帯保証人という身分になってしまっていない限りにおいて法律上の強制は発生しません。ただし(連帯)保証人という身分になってしまっているケースならば仮に離婚を実行したとしても民法上の義務は残ってしまいますため法律上の支払義務があると考えられるのです。ですから離縁することを実行したことで貸与されたお金の支払に対する強制力がなくなるということはあり得ません。またよく借りた会社が借り手の近親者に請求をするケースもありますが、保証人や連帯保証人という立場になっていないということであれば親と子あるいは兄と弟などという家庭間の債務について借り主以外の親族に民法において法的な支払い義務はありません。実際は、貸し主が支払い義務と関係のない家族や親類へ取立てを実行するのは貸金業関係の法律における行政府の実務基準の中で禁止されているため支払い督促の仕方によっては貸金業の規制法の取立ての基準に反することにもなり得ます。なので支払い義務が存在しないにもかかわらず借入者の親族が支払いの請求を不当に受けてしまったのであれあば、債権保持者に対し取立てを直ちにやめるよう警告を発する内容証明郵便を送ると良いでしょう。情けをかけて、借り主の事がとてもいたたまれないからと思うが故に当人以外の親族が未返済金などの債務を代理で請け負って支払うようなこともありますが借りた本人好意に自立の心を忘れて以降も多額の借金を反復してしまうことが多いのです。という訳ですから借りた本人事情を思いやれば冷たいようですが借りた本人手で借入金を弁済させていくかそれが出来ないようであれば自己破産の手続きをさせた方が借り手本人の健全な社会生活を考える上では良いと言えます。